2013年12月12日

上手なダイエットのため、まずは自己分析

上手にダイエットするには、まず「自分を知る」ことが不可欠です。

中には増えた体重を直視したくないために、
体重計に乗るのを避ける人もいますが、
ダイエットを始める前にかならず現状を
把握しておくことが大切です。


また普段どんなものをどれくらい食べているのかを知るためにも、
食事の記録をつけることも大いに役立つでしょう。


■最新の体重計を手に入れよう!

最近売られている体重計の多くに、体脂肪率や骨密度、
水分量などを測ることのできる機能がついています。


効果的なダイエットのためには、こういった体重計を
1つ用意するのがおすすめです。


安いものでは5,000円以下でも多く売られています。

ダイエットを始める前に、まずは現在の自分の情報を
しっかりチェックしましょう。


そのほうが的確な目標を立てられますし、
変化が目に見えて分かるためモチベーションのアップにもつながります。


また筋肉をきたえるダイエットでは、
体重の減りはそれほどでもないものの
体脂肪率はきちんと下がっていることが多いものです。


体重だけで一喜一憂しないよう、
体組成計のついた体重計が理想的です。


■食事をレコーディングしよう!

肥満で悩んでいる人の中には「そんなに食べていないのに…」
と言う人が多いのですが、はたから見ていると
十分な量を食べていることも珍しくありません。


また1度の食事量は少なめでも、つまみ食いが多かったり、
食べているものが高カロリーだったりすることも多いものです。


その日に飲み食いしたものをすべて1つ残らず
ノートに書きだすだけでも、大きな気づきを得ることができます。


自分の食事の傾向が分かれば、
何を減らすべきかもおのずと見えてくるものです。


人によっては、この作業だけで効率よく痩せられることもあります。


いわゆる「レコーディング・ダイエット」です。

上手なダイエットのため、まずは自己分析から始めましょう。


posted by bireo at 20:26| 美痩健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。