2013年09月25日

お腹回りのダイエット成功のコツ

お腹まわりのダイエットは、男女問わず切実な悩みです。

特に女性では、胃腸のほか子宮や卵巣などの
大切な臓器が詰まっている部分であるにもかかわらず、
骨がないために臓器を守るものがありません。

そのため、体は脂肪によって防御しようとするのです。

逆にいえば、ある程度のお腹の脂肪は体の
自然な自己防御といえるのですが、
明らかにポッコリしすぎているのは問題です。

効率的にお腹をダイエットするためのコツをご紹介します。


■ダイエット法は原因によっても異なる!

お腹のダイエットをするには、
まず脂肪のついた理由を分析することから始めます。


単純に皮下脂肪がつきすぎている場合は、
有酸素運動をおこなって脂肪を燃焼させるのが効果的でしょう。

ウォーキングやエアロビクス、水泳などがおすすめです。

特に下腹がポッコリしている場合は、実は便秘による場合もあります。

頑固な便秘に苦しんでいる人は、
食物繊維のほか、酵素をたっぷり摂取しましょう。

一時期ブームとなった「朝バナナダイエット」は、
お通じを良くする効果がありますので、おすすめです。

また骨盤がゆるんでいることでも、
お腹まわりに脂肪が乗りやすくなります。

骨盤を引き締めるストレッチや、
整体・エステなどで矯正を受けるのも1つの方法です。



■冷えはお腹ダイエットの大敵!

女性は冷えやすいといわれますが、
下腹部は特に冷えが起こりやすい部位です。

自分は冷えていないと思う方でも、
おへそから下に手をあててみるとひんやりすることはよくあるものです。

冷えているということは、血流が悪くなっている証拠ですから、
脂肪も燃焼しにくくなるどころか、セルライトがつきやすくなり
ますます痩せにくくなっていきます。

最近は冬でも、お腹や脚を冷やすようなファッションをしている女性が多いのですが、
女性は特に子宮まわりはしっかり温めましょう。

冷えは脂肪がつきやすいだけではなく、
不妊症の一因にもなりかねません。

夏もシャワーだけで済まさず、半身浴などでしっかり下半身を温めましょう。
体を締めつけすぎる下着も、血行を悪くすることから冷えの原因になります。

また余分な水分がたまっていることで、むくみから下腹部がふくらんでいる
人もいますので、リンパマッサージで老廃物を流すのも効果的です。

自分でもできますが、お腹まわりのリンパは複雑ですので、
専門のリンパドレナージュなどを利用するのがおすすめです。




posted by bireo at 09:32| 美痩健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。