2013年11月20日

運動嫌いな人のための簡単ダイエット法

運動が嫌いな人がダイエットを考える時、
なんとかして食事だけで痩せようと考えてしまうでしょう。

もちろん運動はしないより、したほうが痩せやすくなります。

しかしダイエットの1番の大敵は実は「ストレス」です。

嫌いなことを無理に続けたり、好きな食べ物を我慢しすぎるのは、
むしろダイエット失敗につながります。

ここでは運動嫌いな人でも簡単にできるダイエットについてご紹介しましょう。

■食べ過ぎに効く体のポーズ

どうしてもお腹いっぱい食べてしまって、腹八分目が守れない、
そんな人に効果的なポーズがあります。

食事前におこなってみてください。

まず正座をします。

そのまま上半身を後ろ側に倒し、頭を床につけましょう。

両腕を頭のほうに伸ばし、息を吐きながら膝を内側に締め、
すべて吐き切ったら一気にポッと力を抜いてください。

食べ過ぎの傾向がある人は、このポーズをなかなかとれないと思います。

腰が浮いてしまうということは、食べ過ぎのサインです。

食前におこなうようにすると、食べ過ぎを防ぐ効果があります。

ただし食後におこなってしまうと逆に吸収が
良くなってしまいますので、気をつけてください。

■肩甲骨と骨盤を動かそう!

肩甲骨を動かすと、発汗しやすいのをご存知ですか?

大人になると、運動しない限りなかなか動かす機会がないのですが、
意識して動かすようにすると、楽に運動できる上、
肩こりの軽減にもつながります。

部屋の中で立ち、両腕だけ前後に動かしてジョギングするようにします。

脚は動かさなくてもかまいません。
肩甲骨がしっかり移動しているのを感じましょう。

何分か続けていると、ひたいに汗がにじんでくると思います。

痩せやすい体をつくるためには、普段の動きも重要です。

上半身なら肩甲骨、下半身では骨盤を動かすように意識してみましょう。
掃除をする時でも、肩甲骨を動かすようにするだけでダイエット効果があります。

歩く時は、よくモデルさんがランウェイで
やっているような「腰で歩く」のが1番です。

あれはつまり、骨盤を使って歩いているということになります。

難しい人は、先ほどの腕だけジョギングをゆっくりおこないながら、
骨盤も同時に前後に動かしてみましょう。

腕と骨盤は、それぞれ左右反対に前に出るようにします。

部屋にいながら、どちらも効果的に動かすことができますので、
運動嫌いな人でもテレビをみながらやってみてください。


posted by bireo at 14:49| 美痩健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。