2013年10月09日

ダイエットに最適?低カロリーな食品

ダイエットといえば、カロリー計算に励む人も多いと思います。
あまりがんじがらめに気にするのもストレスになってしまいますが、
できるだけ低カロリーな食材をとり入れるのは大切なことです。

ここでは、低カロリー食材として上位にランクインしているものをご紹介します。


■低カロリーな飲み物とは?

普段、何げなく口にしている飲み物にもカロリーはあります。

特に現代人は水を飲まなくなっており、味のついたジュースばかりを
飲んでしまう人も多いのではないでしょうか?


基本は水がもっとも自然な飲み物ですが、それ以外で低カロリーなものを挙げてみましょう。

まずはお茶類です。

緑茶や煎茶、紅茶、麦茶などは、100グラムあたりわずか1〜5キロカロリーとなっています。


発酵した茶葉を使ったもの、つまり色が濃いお茶ほど脂肪分解作用があり、ダイエットに最適です。


中でも0カロリーなのがウーロン茶やプーアル茶、玄米茶、番茶、ほうじ茶です。


特にウーロン茶やプーアル茶などの中国茶は、代謝を上げ、脂肪の吸収も抑えてくれることから、ダイエットの強い味方となってくれるでしょう。

その他、コーヒーもブラックならほぼ0カロリーです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、脂肪を燃焼させる効果があるため実はダイエットに良いことが分かっています。


最近、その作用を生かした「痩せる缶コーヒー」も登場したほどです。


■低カロリーな食品とは?

低カロリーかつ栄養のとれる食べ物が、健康的なダイエットには必須です。


まず100グラムあたり15kcal以下の食材としては、もやしやキュウリ、小松菜、白菜、スッキーニ、青梗菜、レタスなどが挙げられます。

つまり野菜なら、ほとんど低カロリーと考えて差し支えないでしょう。
ちなみにキャベツとレタスでは、レタスのほうが低カロリーとなっています。

また野菜のほか、めかぶやワカメ、昆布、海苔といった海藻類も
低カロリーかつ栄養の豊富な優秀食材です。

中でも「もずく」と、沖縄名産で有名な「海ブドウ」は
100グラム4kcalと、かなりの低カロリーを誇っています。

海藻類にはミネラルやビタミンのほか、ヌルヌル成分であるフコイダンが
含まれ、美容と健康に非常に良い食べ物です。

その他、こんにゃくやところてんも、もちろん低カロリー。

お肉類では、鶏のささみや胸肉、牛や豚ならもも肉かヒレが比較的カロリーが低く、ジンギスカンに使われるラム肉も脂肪分が少ないことで知られています。




posted by bireo at 10:41| 美痩健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

ダイエットに向いているお茶って?

砂糖を入れていないお茶は、いずれも低カロリーでダイエットに向いていますが、
中でも茶葉が発酵していればいるほど、ポリフェノールが多くなります。

ポリフェノールによって脂肪分解酵素である
「リパーゼ」の活動が活発になるため、
ダイエットのために飲むなら、発酵期間の長いお茶がおすすめです。


■紅茶もウーロン茶も緑茶も同じ葉っぱだった!

私たちが日常的によく口にするお茶は、
ほとんどが同じ茶葉から作られています。

ツバキ科の常緑樹である「カメリア・シネンシス」という葉で、
紅茶になるか緑茶になるか、はたまたウーロン茶になるかは
発酵の仕方や製造法によって決まるのです。

もっとも発酵が少ないのが、色からも分かるように緑茶です。

最初に加熱してしまうことで、酸化酵素の活性をストップさせています。

次がウーロン茶で、「半発酵茶」とも呼ばれます。
葉をつんだ後にしばらく置いて自然発酵させて作られています。

次が紅茶で、「発酵茶」に分類されます。
湿度の高い場所で発酵して作られます。


そしてもっとも発酵の進んだものが、
プーアル茶などの黒茶と呼ばれるものです。

緑茶と同じように加熱によって酸化酵素のはたらきを
ストップさせた後で、麹菌などによってじっくり自然発酵させて作られ、
後発酵茶」と呼ばれています。

一般的に、発酵すればするほど茶葉は色濃くなります。


■ダイエットに適したお茶

発酵させたお茶ほど、脂肪分解作用が高いことからダイエットに最適です。

中でもプーアル茶はもっともダイエット向きといわれ、
ウーロン茶ほど胃に刺激を与えないことからも、
ごくごく飲めるのがメリットといえます。


また発酵茶である紅茶もおすすめです。
特にショウガを入れた「しょうが紅茶」はダイエットに非常に向いています。


紅茶の抗酸化作用や、脂肪吸収を抑える効果に加え、
ショウガの辛み成分であるジンゲロールには発汗作用や
利尿作用があることから、ダイエットに最高の組み合わせといえるでしょう。


お好みで黒砂糖やハチミツを加えると、さらに飲みやすくなります。


もちろんウーロン茶も発酵されていますので、
ポリフェノールが豊富に含まれ
脂肪分解作用があり、ダイエットに向いています。


プーアル茶やウーロン茶は、
脂っこい中華料理にまさにぴったりのお茶です。


posted by bireo at 10:51| 美痩健 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。